iPhoneが水没しても復活させることができる?そのための対処法とは?

iPhone水没からの復活方法とは?覚えておこう!iPhoneが水に濡れた時の対処方法! - やってはいけない!iPhone水没の時の対処法

やってはいけない!iPhone水没の時の対処法

iPhoneが水没してしまったら、戸惑いと焦りで、とても悲しい気分になることでしょう。わざと水没させたわけではなく、完全に事故で起こる、iPhoneの水没です。こんな時の対処方法はといえば、ないわけではありません。その、対処法について紹介したします。

焦らないこと。

まずは、焦ってとんでもないことをしないことです。水没しても、復元の可能性はあります。その可能性に賭けて対処しましょう。

やってはいけないこと・・・

iPhoneが水没して、水を切るため、振る行為はやってはいけないことです。水没してiPhoneの修理にショップに持ち込んだ時、この振る行為が原因で復元ができないことが多くあります。水を切りたいから、衝動的に行ってしまう行為ですが、iPhoneの中に水が入っていれば、その水がほかの部分にショッフルされ、水に濡れてしまいます。絶対に、振らないことです。

中の水分が気になるから・・・

poulytdy
iPhone水没から、吸水性のあるもので、キレイに拭き取り、そのあと、内部のを乾かしたいと思うものです。ここで、絶対にやってはいけないことがあります。それは、ドライヤーで乾かすことです。感覚的に、熱で、蒸発して早く乾くイメージがありますが、間違いです。ドライヤーをあてて内部の水を蒸発させるまで、かなりの温度になります。熱すぎて、内部が焼き付いてしまう可能性があります。

ドライヤーがだめなら・・・

電子レンジで乾かそうと思うことです。電子レンジの解凍機能で行えば乾くかもしれないという発想は全くの間違いです。電子レンジに入れて、スイッチを押した瞬間、そのiPhoneは復元不可能の状態になってしまいます。

暖かいところに置いておく・・・

その他、考えられるやってはいけないことのなかで、熱をもつあったかい場所に置いておくことで、乾燥させる方法は、これも復元不可能になるやってはいけないことです。内部に水がはいっていれば、温度が上昇し、ドライヤーと同じことになります。
どんなに注意をしていても、そんなことはおこります。iPhone水没です。この出来事ほど、驚いて、焦ってしまうことはありません。たくさんのデータが詰まっているiPhoneがこんなことになってしまったら、どうした方がいいのかお伝えいたします。

ショップへ行く。

水没してすぐにショップへ行き相談します。ほぼ、買い替えをすすめられることになるでしょう。これで、すぐに解決できますが、大きな出費になります。さらに、データの復元は無理かもしれません。行ってみないとなんとも言えませんが、解決が早い対処方法になります。

まずは・・・

買ったばかりのiPhoneですと、買い替えなんて考えられないことになります。そんなときは、一度ショップに行く前にやってみてもいい方法があります。それは、自然乾燥です。

自然乾燥の前に・・・

iPhoneを水没してしまったすぐに、電源をおとして、拭き取りましょう。ここで振ったり叩いたりは禁物です。もしiPhone内に水分がある場合、振動で水分が全体にいきわたってしまいます。その次は、SIMカードを本体から抜き出し、自然乾燥です。

とにかく焦らず、慌てず、冷静に。

水没してもまだ望みはあります。冷静な判断や行動が、その後のiPhoneの運命を大きく左右することになります。いろんな情報で、いろんな方法を試してみることもアリですが、その情報の信憑性も重要です。その判断も、冷静に行う必要があります。

普段から・・・

iCloudなどで共有していると、さらに不安はやわらぎます。また、まめにバックアップを取ったり、アプリなどを利用しデータの保存などを行っていると、こんな時、冷静でいられます。iPhone本体は仕方ない・・・ということに落ち着きますが、データなどは、後悔になってしまいます。

とにかく

乾くまで待つしかないiPhoneです。次にまたこんなことが起こっても、焦らず、慌てず、冷静にいるために、データの保存やバックアップ等を、まめに行うことが重要です。