アタラックスの用法・用量と剤形

アタラックスの服用方法とは?どのように使用すればよいのか? - アタラックスの用法・用量と剤形

アタラックスの用法・用量と剤形

htrs精神安定薬として効果があるとされているアタラックスはドクターに処方してもらえる他、市販で購入をする事が出来るものもあります。
処方してもらえる場合でも市販で購入した場合でも説明を読む事は出来るのですが、用法・用量などはしっかり把握しておいた方がいいとされています。
自分で飲む薬ですので、より効果を出す為にも知識はある方がいいですよね?
では、そのアタラックスについて用法や用量、剤形などを調べてみましょう。

【中枢神経用薬剤そして使われるアタラックス】

様々なストレスやプレッシャー、起こる出来事に繊細の度が過ぎてしまうと精神が安定しなくなってくるという症状が起こってしまいます。
それは、脳との大きな関係になってくるのですが、分泌されるべきホルモンがストレスやプレッシャーなどのせいで減少してしまう事で、バランスが大きく崩れてしまう事からはじまります。

繊細な事にでも過剰な反応をしてしまったり、不安が大きくなり過ぎてしまい考えふけるようになってしまうなど、中枢神経からくる症状と言われています。
なかなか自分で判断出来にくい症状でもあり、周りの人も気づくのが遅れてしまう時も多く、気づいた時には慢性的になってしまうケースもあるのです。

中枢神経を和らげるとして抗ヒスタミン成分が入っている薬が用いられるのですが、アタラックスは精神安定薬として使われるケースが多くあります。
また、同じ分類の薬でアタラックスP、ヒドロキシジンパモ酸塩というものもあります。

【アタラックスの用法や用量、剤形】

アタラックスは、アレルギー反応を起こした時でも使用されるケースもあり、その場合のじん麻疹などで伴う痒みの場合は1日に30〜60mgを2〜3回に分けて服用します。
また、精神安定薬として神経症ですと1日に75〜150mgを3〜4回に分けて服用します。

thrsh錠剤のものが一般的なので、飲みやすいのですが、副作用もあるので摂取のし過ぎには注意しなければいけません。
精神が不安定に入ってしまっている場合は、薬を摂取しなければいけない!という意識が大きく働いてしまう事も多く、気づかずにどんどん摂取してしまうという事もあります。
精神のコントロールが出来なくなってしまった場合は、自分でも意識がなく覚えていない状態になるからなのです。

オーバードーズをしてしまった場合は体調を悪化させてしまいます。
精神が不安定になっている時こそは、身近な人に薬の管理を頼む事にしましょう。

【摂取する薬の知識はついておきましょう】

インターネットで薬を検索する事はとても簡単で、時にはネット販売で購入も出来ます。
そんな簡単に薬が購入出来る時代にはなっているからこそ、間違った摂取方法を取ってしまう人も増えてしまっているのが現状です。

今の自分の症状にはどれくらいらいの用量が必要なのか?という専門的な面についてはドクターに聞くのが一番ですし、検査をしてもらって処方してもらうのがベストでもあります。

摂取していても効果があまり見られないな!と感じた時には自己判断で量を増やすのは本当に良い方法なのかを考えるようにしなければいけません。
また精神の問題を抱えてしまっている人は更に副作用が重く感じてしまう場合もあるので、体調の変化を見ながらの摂取が大事なのです。

【アタラックス使用時の注意点も知っておこう】

アタラックスは脂溶性の薬なので、決して軽い薬とは言えません。
だからこそ、副作用もありますし、使用してあまりにも眠くなってしまってしまったり、倦怠感の度合いが重くて生活に支障が出てしまう事になれば使用をストップする必要もあります。
また、妊娠中や授乳中の場合でも使用は出来ませんので、他の対処を探さなければいけません。

薬の使い道が分かってこそ、効果のある使い方が出来るものなので、アタラックスを使用する際でもどんな薬でも慎重に摂取する心がけを忘れないようにしましょう。
おすすめサイト
アタラックスの通販
http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/atarax.html

次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

固定ページ

最近の投稿

カテゴリー

△PAGE TOP